2021年3月20日 (土曜日)

ニーレックス プロスペック ナックルサポート

Img20210305215426

さて今回はNC乗りなら誰もが知っているニーレックスのこのお品。

 

NCはRX -8との部品共通化の為足回りも酷似してるのだが

足周りが弱く多少の段差でハンドルを取られたりコーナーリングの安定感が薄い。

それがこれを取り付けると激変するのだと言う話。

 

私的な話ですが

深いコーナーで、ハンドルを切ると感覚的に遅れがあり、より深く切るとカクッっと急にハンドルが切れる。

この感じが気持ち悪く、多少でもマシになるのならいいかなと購入。

 

Img20210305222800

取り付けは至って簡単、既存のボルトで供締めするだけ。

トルクは"何それ美味しいの?"状態ですませました。

けれどこんな狭いところに入るトルクレンチは業者でも持ってる方少ないと思う。😅

 

Img20210307154359

下手くそな写真ですが、この様に付きます。

 

本当にこれで変化があるの?って感じの物足りなさ。

付いていても誰にも分からない物に2万弱は結構悩みました。😆

 

で、走ってみての感想はコーナリングでしっとりと曲がる様になった気が、ハンドルが少し重くなった感じ。

変なカックンも今のところ出ていない。

 

乗り比べ出来ないし数値化出来ないフィーリングの部分なので、気のせいと言われればそれまでだが

60キロで曲がっていたコーナーを同じ感覚で走ると80キロ出てたと言うこと。

 

捕まるよマジで!😅

 

Img20210307164042

意味は無いがマービーくんのNC1とおいらのNC2

1の方が可愛い顔つき。


 

| コメント (0)

2021年3月16日 (火曜日)

ロッソモデロ GT-8

最近物欲に歯止めがかからなくなってきた…

 

前々から純正マフラーの見た目が気に入らなかった。

NCはボリューミーな後ろ姿なのにマフラーが貧弱な為バランスがどうもおかしい。

 

マフラーカッターもアリっちゃアリなのだがNCのマフラーは2本出し。

1本出しと比べるとお値段も2倍くらいになってしまうし、拘ると選択肢が非常に少ない。

 

それならマフラー買っちゃえって事でー

Img20210307152345

この太さとマフラーの内部のパンチングに惚れました。😍

出口径 101.6mm 大きめな低音系サウンド。

 

Img20210307135433

取り付けは我が家では狭い事もありARA!ちゃんのところで行わせていただきました。

ジャッキがデカくて安心感があるし高さもらくらくですね。

 

Img20210307145627

流石に10年前の車

ナットが固着していて外れなかった為ドリルで破壊して外しました。

 

Img20210307145718

赤い正露丸くんやマービーくんもギャラリー兼お手伝い。

 

Img20210307151359

無事装着終了。

大きなタイコも無くなり見た目スッキリ

車検対応品なんで安心ですね。😁

 

Img20210307164119_20210313175201

後ろ姿も隙がなくなりました。😁

 


| コメント (0)

2020年12月16日 (水曜日)

ワンオフ スノコマット

どこかの誰かが言いました。

内装も木にしなきゃ。

 

………。

 

車の中で数々の物がウッド化もしくはウッド調というものに変更できますが、ありきたりではつまらない。

 

メーター? エアコンルーバー?

シートバックベゼル?スポイラー?

 

色々と妄想しつつ検討しておりましたがこれだ!っと思えるものがなかなか浮かばない。

 

 

ある日カーチューンでの投稿にフローリング調のカーペットを敷いておられる記事が…

見た瞬間に雷に打たれた様な衝撃が体を駆け抜けました。ウオーアーッ!

 

 

では、早速制作手順を 

Img20201212145913

用意するもの

すのこ(車に合わせ適宜サイズをお求め下さい)

以上

 

Img_20201215_224904

純正のマットを重ね罫書

この時に注意すべきは、すのこの足の分持ち上がるので多少大きめに

 

Img20201212152032

切る!

ザックリで構いません

 

実車で合わせてみる

合わせる時は木屑を落としてから乗せましょう、車が大変なことになります…。

 

干渉部分の修正

エイッヤーで切ると小さくなってしまいましたが、使用上問題が出てから作り直しましょう。😅

 

切断面を60番のサンドペーパーで均す

 

Img20201212180904

足がなくて千切れてしまった部分を適当に取り付ける。

クギなども使用できますが、木工用ボンドで強力に付くので簡単です。

 

Img20201212234014

いつもの様に色を付けて完成。

全工程で2時間ぐらいかな?(笑)

 

Img20201213151715

カメラの補正で明るく写っていますが実際はもう少し落ち着いた感じです。

 

取り付け後2時間ぐらい運転しましたが素足だと踵が少し痛くなりますね。

靴を脱いで運転することが多い私は、カーペットに小石などが乗るとその感覚がイヤだったのですが、すのこでは下に落ちてくれるのでとても良い!と思うだろう。(笑)

 

まあ、真似をする人はいないでしょうが布教のために助手席側も早く作ろうっと。😄

 

| コメント (2)

2020年12月12日 (土曜日)

マツダ フューエルキャップカバー

前回フューエルキャップを交換した時

今までと違う形状にした事を

覚えておられる方もあろうかと思いますが。

 

その答えが今ココに❗

 

まぁそんなたいした話では無いのですが

単にカバーを付ける為だったと言う訳です。

Img20201212140033

マツダ ビアンテ.プレマシー フューエルキャップカバー アルミ製 レッド HW13M01-R

 

Img20201212140025

取り付けは後ろに付いてる両面テープで貼り付けるだけ。

 

Img20201212140853

取り付けるとこのような感じ

 

Img20201126082828_20201212193001

取り付け前と見比べると、えらく主張が激しく…

 

誰も見ないから良しとしましょう!😅

| コメント (2)

一杯のかけそば

歳を取ると色々と昔を懐かしく思うものなのかどうかは知らないが

昔はどの駅にも立ち食いそばがありましたよね。

 

地元綾部駅にもありまして、中高生時代にずいぶんとお世話になったものです。

 

が、いつの間にか近隣の駅から消失し、ふとした時に食べたくなっても叶わぬ夢となってしまいました。

 

 

綾部にも当然蕎麦屋さんもあるので蕎麦自体は食べようと思えばいつでも食べられるのですが、そのような上等なもので無く少しチープな味の蕎麦が食べたいのです。😅

某ドライブインの自販機に惹かれる人たちと同じ感覚かも知れません。

 

 

前置きが長くなりましたが、そんな中近いものを見つけました。

道の駅 瑞穂の里・さらびき

にあるこのお蕎麦

Img20201205151757

かけ蕎麦 400円

 

正直なところ蕎麦も出汁も器もちょっと上等で違和感は有るのですが。

シチュエーション込みでやんわりと過去に浸れました。

 

敦賀駅にそば屋が有るので近々チェックに行きたいと思っているが…雪よ降るな。

 

| コメント (0)

2020年12月10日 (木曜日)

人に見られない所のイジリは続く

さてさて、みんカラでも言っていたように

ロードスターNCECのフューエルキャップは

マツダさんが何を考えていたのか分からない仕様になっている。

Img20201126082341

蓋の紛失防止のヒモが短くて

Img20201126082405

この様に給油口の周りで地味な嫌がらせをしてくる。

 

Img20201126082828

で、別の物に交換したのだが

BBP3-42-250A
アクセラ、プレマシー純正フューエルキャップ

 

Img20201126082855

スッキリと逃げてくれるように

ストレスフリーとはこの事ですね。

 

しかし、キャップの形状が違っていることに目の肥えたマニアの皆さんはお気づきの事でしょう。

もともとの形状の物は締めるとカチカチと音がしてぐるぐると回る物でした。

新しい物はキュッと締まるとそれ以上回らない物です。

形状の好き嫌いはあれどカチカチ音がする方が締めた感はありますから好きです。

 

では何故変えたのか

それはまた次の機会に…(笑)

 

ちなみに同じタイプのものが良ければ

GS1D-42-250A

ビアンテ用フューエルキャップが使えるみたいです。

 

 

| コメント (2)

2020年12月 8日 (火曜日)

白鬚神社と言いつつとん汁ラーメン

天気が良いとドライブに行きたくなるのは、人間の性なのか。


毎回の事ですがその日の気分で適当に出かけてしまう私。

この日はグーグルマップ片手に検討し、ぐるっと周って白鬚神社へ行こうと思いつきました。😁


Img20201127135441_20201207212401

人生初となる比叡山ドライブウェイ

京都市内側から行きましたが狭いし道も悪いので車高短の方はお勧め出来ません。😅


結構な高さまで登りますね、琵琶湖を一望出来る眺めはなかなかのモノ。


Img20201127140112_20201207212401

何だったっけ?

美しが丘?


検索検索…

夢見ヶ丘でした。^^;


Img20201127153410_20201207212401

比叡山を下り30分程走ると見えてくるこちらが白鬚神社。

Img20201127153838

小さな神社ですが、次々と人が訪れ

20台ほどの駐車場がありますが、ほぼ満車です。

Img20201127153758

で、他の方がどの様な目的で訪れて居るかは分かりませんが、私が気になったのはこちら。

前に琵琶湖テラスへ行く時に見つけた鳥居で。


Img_20201127_223650_308

この様に、宮島の鳥居の様に水の中に佇んでおられます。


これは映える…いやいや

美しい風景が見えるだろうと思い、訪れた訳で…


思ったとおりの良い風景が見られ、写真も写すことが出来ました。



しかし…

私がそれだけで満足しないのは周知の事。


Img20201127152236

神社の隣にある白鬚食堂


昔ながらのメシ、とん汁食堂ですが、ちょっと評判のコチラがとん汁ラーメン🍜!


あっさりとした味付けですがとても美味しい。

結構ボリュームも有りましたがお代わりしたいぐらいでした。

値段も500円とリーズナブル。😆


寒い内にリピートしそうです。(笑)

| コメント (2)

2020年11月21日 (土曜日)

これにてしまなみ海道は全て走り終えました。

さてさて先週のお話になりますが

因島に戻ってきたので

心残りであったしまなみ海道未走破部分を終わらせました。

 

いうのは簡単ですがなかなか辛かったっす。😅

 

Img20201114094601

前回から計画していた通り、先ずはフェリーで今治へ。

 

因島の土生港からは直行では無く、途中の島を経由して行くので

1時間10分ぐらいかかります。

 

Img20201114094958

土生港を10時に出発

 

意外にも乗る人は数名と少ない

Img20201114100013

途中の島で増減はあるものの20名ぐらいの利用でしょうか?

 

Img20201114111457

この様な高速船ですが自転車も載せれます。

と言うか荷物として積んでくれます。

 

マシンはいつものフルオープンワンシーター

シルバーメタリックが輝いていますね。❤

 

Img20201114111556

桟橋を通り港感無くスルッと街の中へ

このまま街道に向かっても良いのですが

折角なので近くにある今治城へ。

 

Img20201114112116

失礼ですが想像していたよりも立派なお城でした。

この規模の堀が有る城は少ないと思います。

 

Img20201114112737

城の中には神社がありますが、説明は省きます。😌

 

Img20201114113022

此処にも有ったか顔出し…

まあ、一人旅には無用の長物。

 

入場料(入城料?)を払って天守閣へ

 

Img20201114113740

今治市内が一望出来る眺めの良さ

 

遠くに見えているのが今から向かう来島海峡大橋です。

…長く無い?(^_^;)

 

で、昼前に今治に着き、お城を見てお昼過ぎ。

 

ぐーぐーとなる腹を押さえつつ橋に至る道中で何かあるだろうと向かいますが

お約束の様に手頃な店が見つからず。😳

 

Img20201114122314

橋へのスロープを上ります。

向こう岸霞んで見えるんですけど。😅

 

Img20201114122319

細く長いスロープを老若男女、歩いたり自転車で行き来します。

自転車の前に子どもを載せている夫婦とか居られるのですが

見てるとヒヤヒヤしますね。😖

 

Img20201114122805

これ迄の中で1番高い。

 

Img20201114122809

走ってもなかなか終わらず2キロぐらいかと思っていましたが

調べると全長4キロ、高さが65メートルもありました。😩

 

Img20201114124407

やっと対岸の大島へ

 

Img20201114130623

橋を降りてすぐに有った道の駅よしうみいきいき館でランチタイム。

かなりハンガーノックがヤバかった。

 

Img20201114125940

今治名物焼豚玉子飯

予想を裏切る美味しさとボリュームで満足。

眺めも良いがちと眩し過ぎ。

 

で、今居るこの大島 

サイクリングルートが海岸線を走らず結構なアップダウン。

さらに今治からずっと向かい風の厳しい試練に合い

序盤で身も心もヘロヘロに。

Img20201114140526

次の伯方島へ向かう橋まで写真すら撮る気力が無かった。

 

伯方島から、来る時に乗ったフェリーで帰れるので

それを励みに重い足取りを前に…

 

が、此処らあたりから風も少し穏やかになり

橋と橋の間隔も短くなって少しモチベーションアップ

 

Img20201114150311

で、いつものサイクリストの聖地

道の駅多々羅しまなみ公園

 

Img20201114151258

疲労回復にクエン酸をと思い

島レモンソフト

めちゃくちゃ酸っぱい。😖

 

でも、此処からまだ20キロぐらい有るんだよね。😭

 

Img20201114154045

多々羅大橋を渡ると日はもう此処まで傾いてる

 

 

Img20201114163514

この橋でラスト、でもこの橋向こうへ微妙に上ってるんだよな〜。😞

 

Img20201114164036

因島に着いた時はすっかり日は島陰に

あーしんど、暗くなる前に帰れて良かった。

 

 

先月から都合5回自転車で走りトータル200キロ程走りました。

なんやかんやで頑張ったと自分を褒めてあげよう。(笑)

 

余談ですが疲れた体を温泉でも行って癒やそうと思ったが

因島温泉ねえ!!

 

 

| コメント (2)

2020年10月22日 (木曜日)

やまちゃん聖地に到る。

さて、日曜日のお話。
土曜日は生憎雨模様だったので何処にも出かけれませんでしたが日曜日は天気予報は晴れ
残りのしまなみ海道をサクッと終わらせようと計画しましたものの…
日曜日起きてみるとどんより曇っている。
予報は晴れだがいまいちすっきりしない。
降ってもらっては困るしと考えていると9時過ぎぐらいに晴れ間が…
結局10時前になり晴れたので旅館から出発!

Img20201018094458

さすが海辺の神社

大漁旗が飾った船が置いてあります。

 

当初予定では土生港からフェリーで今治へ渡り

街道を渡って帰る予定をしていましたが、時間も遅くなったので

前回行った生口島を周回するべえと出発。

 

Img20201018102016

生口島東側

前回とは島の反対側を走る。

 

Img20201018102252

海と島と海岸線と言う組み合わせが変わらないので

何処で写したものか時間が経つと分からなくなって来ますね。😅

この島は結構山も高いです。

 

Img20201018105025

生口島を10キロほど走ると次の島へ渡る橋が見えて来た。

(多々羅大橋)

 

Img20201018105810

いつもの案内板

 

Img20201018110002

レモンだと思う。

どの島も色んな柑橘系の木がたくさん植っており、道にはコロコロと転がり落ちております。

 

Img20201018110101

しまなみ海道無料化スポンサーズ

ありがとうございます、おかげで気楽に楽しめます。

 

Img20201018110535

こう言うのもあるそうです。

もしもの時には心強いですね。

 

Img20201018111445

橋の上から走って来た道を撮る。

 

Img20201018111456

景色を楽しむにはありがたいが何気に柵が低いのが人によっては怖いかも。

 

Img20201018111608

橋の途中にこう言うものが有りました。

 

鳴き龍

手を叩いて下さいと書いてあるのでやってみると。

トンネルの中のように反響が帰ってきます、おもしろいですがおっさんが一人で興じるものでは無いですね。😓

 

Img20201018111831

橋の中央で県境

皆様立ち止まっては撮影ポイントになっておりました。

 

Img20201018112319

愛媛県側はスポンサー表示が多いような。

 

Img20201018112345

大三島到着!

橋を渡り終えてスロープを下っていくと

 

Img20201018112640

ん?なんか見たことがあるぞ。

 

今年初めの家族旅行で来た道の駅でした。

 

Img20201018113145

次に橋まで5キロか…煽るな〜。(笑)

 

Img20201018113441

サイクリストの聖地モニュメントと撮る。

マシンが映えてますね。😁

 

Img20201018114715

昼前になりお腹が空いてきたので糖分補給。

洒落で買ったどら焼きでしたが旨かったです。

 

半年前に見た景色でも自転車で来ると感慨深いですなぁ。

 

12時になりそろそろUターンTimeなんですが、あと5キロならと次の橋へ。

 

Img20201018122654

大三島橋

 

Img20201018122800

海に飽きてきてるので看板の写真だけっす。

 

Img20201018123141

伯方島到着

そろそろ体力ゲージが半分を切るので、橋から降りずに引き返し。

 

Img20201018131148

多々羅大橋?

写真的には少し陽が傾いて海がキラキラしている頃がシャッターチャンスですね。

夕陽が沈む頃も撮りたかったですがそこまで粘る根性が無い。w

 

結局60キロ程走り夕方4時ごろ帰ってまいりました、残す島は大島のみ。

今回の出張は終わりますので次回のお楽しみに取っておきます。

 

 

 

 

| コメント (2)

2020年10月17日 (土曜日)

因島から尾道駅までは近いような遠いような

土曜日は久しぶりに自転車で走り回りましたが、翌日に筋肉痛が出るわけでもなく

疲労感もなかったので、日曜日も朝から自転車でお出かけ。

 

反動が出たのは水曜日辺りから…どんだけ老化してるんだか。😂

 

今回は日曜日に行った尾道までのサイクリングのお話。

 

Img20201011100137

今回は距離もあるし目的地も目視できないので評価の高かったNAVITIMEを使用。

こいつがルートで選んだのは海岸線のサイクリングコースでは無く山越えのルート❗️

 

自転車ブランクの長かった私はあまり考えることもなくそのルートへ😅

 

走り始めて1キロほどでいきなり10%ぐらいの延々と続く坂

引き返せば良いのに途中まで登った事が勿体なくてそのまま進む。

最後は1キロぐらいのトンネルを押し歩きで

涼しくて良かったが暗闇が辛い、ライトも着かない整備不良車やしな。

 

山を越えると後は下りとほぼ平坦な道

途中に因島水軍城があったが半年前に来たばっかりなのでスルー

 

Img20201011101354

因島大橋手前

この橋への上りが地味にキツいんです。

 

Img20201011101808

見にくいですが現在地因島大橋手前で向島に渡ります

 

Img20201011102219

島陰から本州もチラチラ見える

 

Img20201011102241

この橋は自動車道の下を通るのでこんな感じ

 

Img20201011103307

渡り切ったところで迎えてくれる看板

あちこちに看板が充実してるので迷う事なし!

迷っても小さな島なので問題は無いが。(笑)

 

Img20201011103617

渡って来た因島大橋

スロープを降りて来るとこの場所に出る。

でも、尾道はこの橋の下を通って行くんです。

反対に下ろしてくれれば近いのにね。😅

 

海岸線と島の中を30分程走ると

 

Img20201011111054

尾道到着!

 

渡るか渡らないか、渡船を眺めながら思案中。😔

 

Img20201011112043

折角なので渡る。

 

料金大人100円 自転車10円

 

切符売り場がなくて戸惑うけど、船内でおじさんが回収するシステム。

電車の車掌さん的な感じやね。

 

Img20201011120837

尾道駅

 

尾道には数回来ているけど駅は初めて見る、どんだけ限られたところしか見てないのか。(笑)

(尾道と便宜上言っておりますが、因島も尾道市です。でも島の名前で言わんとややこしいからね)

 

Img20201011114734

昼時なのでチェックしていた駅横の店で角煮カレー

 

Img20201011114348

誘惑に負けて、がりサワーも

内緒だよ。😅

 

Img20201011123911

飯だけで帰るのも何なので、周辺をぶらつくけど余り行きたいところは無し。

 

疲れもあったので帰りはフェリーでショートカットしようかと乗り場へ行くが、タイミング悪くて2時間ほど時間がある。

 

待っている間に帰れそうなので、来た道を引き返す。

 

Img20201011134628

こちらは向島側の案内板

 

因島に入ってからの帰路は海岸沿いのサイクリングルートへ

 

Img20201011140252

早々に恐竜発見

因島観光で検索すると出て来るやつでした。

因島もほぼコンプリートだなぁ。(笑)

 

10時ごろ出発して3時ごろ土生(はぶ)に帰着

トータル50キロほど走りました。😃



この後いつ来るか分からない筋肉痛に怯えながら仕事しておりましたが水曜日頃から変な疲労感が…

階段を上る足取りも重いが、今更セーブ出来るわけでも無いので耐えるだけ。😢

 

皆さま肉体は日々衰えていますので、無理はしないようにご注意下さいませ。(笑)

| コメント (2)

«いんおこって広島焼きと何が違うのかな?