« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月15日 (火曜日)

ええにょぼの里

Hi370069

マンボウと同じ場所で買ったカップ酒

Hi370068_2

この、カップの柄がかわいいでしょ。

 

普段あまり、地酒などは買いませんが

やはりその土地の魚に、その土地のお酒は合うんではなかろうかと

一つだけ買いました

 

冷でも燗でもおいしいと聞きましたので

やはり私は冷酒でいただいてみました。

 

甘くなく、辛くなく程よい感じだったのですが

独特の風味?というか口当たりがありまして

個人的にはいまひとつでした…

 

しかし、お酒は本当にいろいろな味があるもんですよねー

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンボウ

温泉の後に神社へお参りし、お買い物、夕ご飯にはこの間行った

チャクリキに行ったのですが・・・写真がありませんのでした

 

と、いうわけで(笑)

Hi370070 

途中買い物に行った伊根町の道の駅でこんなものを買いました。

 

マンボウの干し魚です。

Hi370071

冷凍してあったものが解凍されていますが

干し魚というよりは、魚の塩漬けです。

 

オーブントースターで5分程焼くと

Hi370072

油が出てプリプリした感じになります。

頂いてみると結構歯ごたえがあり、イカと魚の中間みたいな感じでした。

 

皆さんも、興味があったらどうぞ

でも常時売っているようには思えませんが…(笑)

 

調べてみるとフグの仲間で新鮮なうちは刺身でも食べられるそうですよ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金曜日)

宇川温泉 よし野の里

と言うことで、観光をしつつ向かった先は…

Hi370065

宇川温泉でした。

Hi370064

入り口はこんな感じです。

まだまだ結構な雪が残っています。

 

Hi370062

前を歩く麺通団(東)の面々。

Hi370063

本日の男湯は

山の温泉 香具夜 です。

もうひとつは 海の温泉 竜宮 で、日替わりになります。

 

中は割りと広く30人くらいはゆったりと入れるのではないでしょうか?

開放感ある露天風呂で、できれば雪が降っていれば最高だったでしょう。

 

海側の温泉も入りたいので、また今度行ってみよっ!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水曜日)

丹後松島 (京丹後市丹後町平周辺)

P2060013

さて、次は丹後松島です。

名前の通り、日本三景の松島に似ているから丹後松島です。

P2060008

全体的にはこんな感じ、言われてみれば…

P2060011

此処とか

P2060012

此処が、似ているかな(笑)

別に、松島に寄り添わなくてもなかなかの景色だと思うのですがね~。

P2060010

ここら辺も近くで見てみたい感じですね。

暖かくなったら来て見るかな。

 

ここも、200選の一つです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火曜日)

屏風岩 (京丹後市丹後町筆石地内)

P2060007

お腹を満たし、次なる目的地の途中で観光

P2060004

看板のある位置からだと、こんな感じに見えます。

P2060003

ちょっとズーム(笑)

P2060001

確かに屏風かな、近くに行くとかなり大きそうですね。

 

京都の自然200選になっているそうですよん。

今後の麺通団(東)活動で200選巡りでもするかい?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月曜日)

麺通団(東)初出動 2011

2011年2月6日(日曜日)

ご無沙汰でした、いろいろと話は出るものの行動になかなか移せなかった

去年を終え、今年は早々の出動となりました。

 

麺通団(東)はグルメ、グルメの後は観光、観光の後は温泉、そしてまたグルメへ戻る

と言う無限連鎖の活動プログラムを基に行動しており(笑)

今回の出動も、まさにそのものの活動でした

 

この日は、消防団のお勤め「機械器具点検」を終えた後に出動でしたから

出発は午前11時、時間的にもあまり遠くへはいけません。

 

空腹を抱え一行が向かった先は…

Hi370061

京丹後市網野町にあります とり松でした。

ここは前にも訪問しておりまして、調べてみると3年前でした。

月日の経つのは早いものです。

 

注文したものは、やはり

Hi370058

ばらずし 840円

Hi370059

鯖棒ずし 半本 1600円

ばらずしは当然おいしいのですが、鯖ずしが絶品です。

〆過ぎてない柔らかで身の厚い鯖で、あぶらもよくのっており

ちょっとお高いですが、十分価値ありです。

 

さて、お腹も満足しましたし。

次へ参りましょうか… 

 

つづく

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »