« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月16日 (日曜日)

由良川サイクルラリー ~ゆラリー~ 山岳コース

自転車のシーズンも例年なら終わろうとしているこの時期なのだが、今年はまだまだ終われない。(笑)

今日は京都府中丹広域振興局の粋な企画「由良川サイクルラリー」通称「ゆラリー」にみんなでチャレンジしてきました。

詳しいことは割愛させていただくが、設定された四つのコースの要所にスタンプを置いてあり、途切れがちなサイクリストのモチベーションを引き上げようと言う小癪な企画である。

今回の「ゆラリー」は麺通団(東)自転車部とわが社自転車部の合同企画となり、コースは山岳コースがセレクトされた。
わが社自転車部は山岳コースに少し臆してはいたものの、麺通団(東)自転車部のメンバーが先日初級コースをクリアーしているため、選択肢がこれか上級コースしかないと言うことからである。(笑)

さて、朝9時にスタート地点である三段池公園に集合。

面子はわが社からはかとちゃん、やまねくん、よっちゃんの3名。
麺通団(東)からはARA!ちゃんときんちゃんです。

Kc3z0088
この日のサプライズは、嫁さんをだまくらかして勢いで自転車を購入したよっちゃんのニューマシン!
GIANTのTCR2である。
さすが新車、輝く白が目にまぶしい。

Kc3z0089
クランクはOMEGAって書いてあるね。

なんにせよ、駆動系には105が使ってあるみたいなので、うらやましい限りである。
私も憧れの10速マシンを手に入れるのは何年先のことであろうか。

Kc3z0091
集合したので福知山駅に向け出発。

Kc3z0092
みんなニヤニヤと余裕だね、この時は(笑)

Kc3z0094
日曜朝の駅前は人通りも少ない。
自転車走行禁止なので押して歩きます。

Kc3z0093
まさかのクローズ!9時ぐらいには開いてるって思うやん。
パンフレットにはしっかり土日祝は10時からって書いてありました。(*^.^*)

Kc3z0095
秋晴れの空の下、9号線を離れ429号線へ、車も少なくなり走りやすいです。

Kc3z0096
ご覧の通り、スイスイ。

Kc3z0097
あまりコースを理解していなくて、どこで曲がって夜久野に向かうのだろうと思っていたのですが、ずーっと道なりだったんですね。

Kc3z0098
ちょっと疲れたので後ろに下がって引いてもらってます。

Kc3z0099
やまねくんのミニベロが先頭、ミニベロの戦闘力も凄いですが、彼の脚力もすばらしいです。

Kc3z0102
いよいよ、のどかな道を離れ9号線へと戻ります。

が、この後9号線の路肩は狭く自動車もバンバン走ってきて、マジ怖い!
上り坂もきついが、この恐怖との戦いが一番厳しかったです。

Kc3z0103
命からがら、スタンプポイントに到着。

Kc3z0104
のんびり写真を撮っていると、みんながまってる。

スタンプが置いてあるのは奥の温泉施設だそうです。
何も案内読んでなかったな。

Kc3z0105
スタンプはこの奥の夜久野温泉ほっこり館の中にあります。
受付のおねいさんが親切に対応してくれました。

Kc3z0106
ちょっと、一服。

Kc3z0107
おいらと一緒で、お疲れ?かとちゃん。

Kc3z0108
今度は府道63号線、こちらものどかです。

Kc3z0109
ぐはっ、気持ちが折れる。Σ( ̄ロ ̄lll)
だらだらとした坂でずーっとまっすぐ。

Kc3z0110
だんだんみんなに疲労の色が、約一名を除いて。(笑)

Kc3z0111
ここが今回の最高標高、夜久野から250mも登ってきた。

実はここらでどうも体調が悪いのか足に力が入らないのが気になりだした。
が、実は…。

Kc3z0112
下りに入り、景色の好い所で一枚。

Kc3z0113
みんなにかなり遅れてしまいました。

Kc3z0114
まだ、追いつかない。

Kc3z0115
もう少し。

Kc3z0116
何とか追いつく。

Kc3z0117
もうすぐ国道426号線に入るところ。

で、時間も11時半だったので、お昼をどうするか相談。
周りにあまりお店も無いため、このままゴールを目指すことになる。

で、走り出し、また峠を登るのだが、どうも足がだるい。
で、はたと気づいたのが全然補給食をとってないことでした。
完全なハンガーノックです。  il||li _| ̄|○ il||li

急いで、補給するもそんなにすぐに回復するわけも無く。
ゼイゼイと、みんなに遅れながら峠を登る。

Kc3z0118
トンネルを抜け、極楽下り坂。

Kc3z0119
この道は、思ったよりも軽快に走れます。

9号線に出て右折し府道109号線へ左折、朝方通った道に戻りそのまま逆走してもう一度福知山駅へ。
今度は無事、スタンプを押すことができました。

Kc3z0120
三段池公園に戻り、しばし談笑。解散と相成りました。

Kc3z0121
このままでは何ももらう権利の無い台紙。(笑)
あれ?でもこのコース走ると必然的に上級コースに行かんなんやん。( ̄Д ̄;;

| コメント (3) | トラックバック (1)

2011年10月14日 (金曜日)

大石屋食堂 (豊岡市)

昨年から出張で度々豊岡を訪れているのだが
会社のみんなでお気に入りの一軒が此処である。

20111011153530
駅前にあるアイティの道向かい

20111011154200
味のある佇まい

20111011154210
メニューの種類はかなり豊富。

20111011154754
諸事情により、昼食なのに入店したのが4時前のため、客は私たちだけ。
お店の方に「食事ですか?」って聞かれちゃいました。
いやー、飲んでいいなら飲みたいですが。

20111011154738
ボリュームたっぷりギョーザ定食をチョイス。

20111011160740
しまった!! また写真をとる前に食べてしまったよ。(笑)

このお店、味は必要十分美味しいですがそれ以外に魅力が。
メニュー内容にかなり面白いところがある。
機会があれば是非ともお試しください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木曜日)

丹後峠ヒルクライム

折角の休日だったのだが、朝から天気も悪く昼ごろには雨が降り出す始末。
 
普段なら腐って、部屋でパソコンでもしているのだが。
今度の日曜には由良川サイクルラリーに行こうと思っている。
里山も終わり、かれこれ2週間ほどは自転車にまたがっていないので、ここらで少し乗っておきたい気持ちも強く。
かねてからARA!ちゃんのおすすめである。丹後峠にアタックすることにした。
 
弥仙山登山口の手前を左折すればある、於与岐町から舞鶴西ICに通ずる峠で、舞鶴側からの登りは、聞くところによると距離は1.5Km程度だが勾配が10%~20%もあるそうだ。

27号線を舞鶴へ向かい、ICの横を通り学校の横あたりで山に向かう道を入る。

事前に説明を受けていたスタートラインと思しきところからいよいよスタート!
20111013150054
舞鶴側から登りきったところ。
 
約13分で登りきりましたが、正直限界に近いっす。
酸素不足で手は痺れるわ、今日の気温(20度ぐらい)でも汗はボタボタと落ちるわ、喉は渇いて痰が絡むけれど水分を補給するような平坦なところは無いわ。
 
でも、この峠をらくらく走れれば確かに凄いやろなー。(*^.^*)

20111013150516
於与岐にある看板(現在地から下に向かって伸びている道です)
 
20111013150214
近畿自然遊歩道になっているみたいですが、歩くのもちょっとタイヘン(笑)

20111013150536
バテバテになりながらも里山の景色に癒されなが帰りました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日曜日)

竹松うどんポタ

今日は第一日曜でしたから、消防団の機械器具点検である。
朝から出役をし、その後自転車部の活動をすることになっていた。

個人的都合により午後から忙しく、時間が限られる中、かねてから計画のあった竹松うどんへの遠征になった。

まあ、遠征と言っても我々の住んでいる土地から10kmも無い距離なのでのんびり自転車ポタリングとなる。

Kc3z0077
10時過ぎいつものように上杉の総合運動公園に集合。

左からきんちゃん号、やまちゃん号、ARA!ちゃん号と、仲良くロードが3台です。

あいにく天気は曇りがちで、降雨も心配されるが場所が近いこともあってのんびりと走る。
10時40分に竹松うどん到着。

Kc3z0078
11時開店であるが駐車場には数台の車。

Kc3z0079

Kc3z0082
お腹がすいてきたが、もう少し我慢。(笑)

Kc3z0081
第4回 関西讃岐饂飩西国三十三箇所巡礼 第六番札所になってます。

関西讃岐饂飩三十三箇所巡礼
詳しくは上記HPへアクセスしてください。

Kc3z0085
11時になり暖簾も出され開店です。

Kc3z0084_2
今日は何を食べようか?

Kc3z0086
今日はすこし寒かったので、基本のかけを大盛りで。
此処のお出汁は昆布がよく利いていますね。

Kc3z0087
揚げたてホッコリのかき揚をプラス。

次はやっぱり限定のせせりうどんかな?

お腹が満たされた後は、少し走って消化を促すつもりだったのだが
時折雨がぱらついていたので、素直に直帰しました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »