« 竹松うどんポタ | トップページ | 大石屋食堂 (豊岡市) »

2011年10月13日 (木曜日)

丹後峠ヒルクライム

折角の休日だったのだが、朝から天気も悪く昼ごろには雨が降り出す始末。
 
普段なら腐って、部屋でパソコンでもしているのだが。
今度の日曜には由良川サイクルラリーに行こうと思っている。
里山も終わり、かれこれ2週間ほどは自転車にまたがっていないので、ここらで少し乗っておきたい気持ちも強く。
かねてからARA!ちゃんのおすすめである。丹後峠にアタックすることにした。
 
弥仙山登山口の手前を左折すればある、於与岐町から舞鶴西ICに通ずる峠で、舞鶴側からの登りは、聞くところによると距離は1.5Km程度だが勾配が10%~20%もあるそうだ。

27号線を舞鶴へ向かい、ICの横を通り学校の横あたりで山に向かう道を入る。

事前に説明を受けていたスタートラインと思しきところからいよいよスタート!
20111013150054
舞鶴側から登りきったところ。
 
約13分で登りきりましたが、正直限界に近いっす。
酸素不足で手は痺れるわ、今日の気温(20度ぐらい)でも汗はボタボタと落ちるわ、喉は渇いて痰が絡むけれど水分を補給するような平坦なところは無いわ。
 
でも、この峠をらくらく走れれば確かに凄いやろなー。(*^.^*)

20111013150516
於与岐にある看板(現在地から下に向かって伸びている道です)
 
20111013150214
近畿自然遊歩道になっているみたいですが、歩くのもちょっとタイヘン(笑)

20111013150536
バテバテになりながらも里山の景色に癒されなが帰りました。

« 竹松うどんポタ | トップページ | 大石屋食堂 (豊岡市) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

遂に行きましたね・・・
汗がポタポタ、手が痺れ、痰がからむ・・・
そうでしょう、そうでしょう
これぞまさに「THE・峠」!
次回は、他のメンバーにもこの楽しさ(苦しさ)を
味わっていただくとしましょう!

投稿: ARA! | 2011年10月13日 (木曜日) 午後 09時33分

峠を登っているときに何時も思うことは
何故こんなことをしているのか?
もうあかん、もうやめよ、と思いながらコーナーを抜け、いつまでも続く坂に打ちのめされ。
 
はっきり言って、馬鹿やね。いやマゾか?
それとも人類のDNAに刻まれている何か?(笑)

投稿: やまちゃん | 2011年10月14日 (金曜日) 午後 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後峠ヒルクライム:

« 竹松うどんポタ | トップページ | 大石屋食堂 (豊岡市) »