« 最後は倉敷 | トップページ | 由良ヶ岳で絶景かな »

2013年9月23日 (月曜日)

海の京都ラリーコース(舞鶴編)

日曜日は朝から田んぼの片付けがあり、暇になったのは午後になってから。

せっかく天気も良いので、どこかに行こうと思案していた。

「この間の台風の影響で走れないところがあるかもしれないし。」
「被害に合われたところを呑気に自転車で走っているのも心苦しいし。」
などと、思いながらゆラリーのマップを見ながら思案していると。

西舞鶴から東舞鶴の海岸線を走る「海の京都ラリーコース(約15km)」なら比較的大丈夫そうな気がして、2時前に家を出発。

道路上の砂利、ドロ、水を想定してMTBでのポタリングです。

Cimg2179
西舞鶴ICに入るところの高架下でいきなりこの状態。

Cimg2180
こんなんなってしまいました。

Cimg2181
西舞鶴の町中を抜け港の方に。

Cimg2184
タイヤの茶色のラインがいい味出してるでしょ?

Cimg2186
なかなかよい雰囲気の場所ですね。

Cimg2188
暫く走ると、国際埠頭のキリンさんが見えてまいりました。

Cimg2191
道幅は狭いのですが、交通量が少なく気持ちよく走れます。

Cimg2192
社?ボロボロになっていますが…。

Cimg2194
コース図がアバウトなのでよくわからず走っておりましたが、ここはどこ?(笑)

Cimg2195
結構な坂なんですが。

Cimg2196
そうこうしていると、こんなところに。

「東郷元帥遺跡 旧長官邸」の文字が。

塀に囲まれていて中を見ることはできませんでした。

Cimg2197
防衛庁管理なんですかね?

Cimg2198
フラフラと走っていると、こんなところに出てまいりました。

大体ですが正しいコースを走っていたみたいです。(笑)

Cimg2199
ここまで来たなら、やっぱりこの間のリベンジをしなければいけませんよね。

Cimg2200
MTBだからリベンジになっていないのですが、なんとか無休憩で上ることが出来ました。

自転車で来られてる方、やはり居られますね。

それよりも後ろから歩いて上っておられる方に追いぬかれそうで焦りましたよ。

Cimg2201
ズボンに滴った汗は冷や汗なのか?

Cimg2203
記念撮影して、おうちに向かいましょう。

Cimg2207
やはりお彼岸ということで、そこかしこに彼岸花が咲いておりました。

距離 我が家から約30km
時間 2時間半ぐらい

コース的には良いロケーションで気持よく走れますが、ちょっと距離が短すぎ。
起伏も少ないので、ママチャリでもそこそこに走れそうですね。

« 最後は倉敷 | トップページ | 由良ヶ岳で絶景かな »

自転車」カテゴリの記事

コメント

おお~!
五老ヶ岳登坂ですか!
やりますな~。
やはり「里山中止」で不完全燃焼だったかな。
五老なら完全燃焼出来たことでしょう。
さぁ、今度のお休みは宮津で完全燃焼しましょう!

投稿: ARA! | 2013年9月23日 (月曜日) 午後 05時00分

え~と、まあ頑張りますよ。

宮津でがんばろう

投稿: やまちゃん | 2013年9月24日 (火曜日) 午後 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の京都ラリーコース(舞鶴編):

« 最後は倉敷 | トップページ | 由良ヶ岳で絶景かな »