« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月30日 (土曜日)

九州への旅 その4

三日目の続き…
 
P8120115
熊本市内には路面電車が走っている。
 
この様な交通手段が廃れずに残っているのは凄いことだと思う。
 
P8120116
高知、広島などもそうであるが、観光需要だけでは残らないだろうから、なにか特別な理由があるのだろうか?
 
P8120119
渋滞の市内を抜け、いよいよ30年ぶりぐらいの阿蘇へ向かう。
 
P8120120
おおっ、風の谷みたいだ!(笑)
 
P8120123
スイスイ走れるかと思っていたが、意外と渋滞続き。
 
P8120126
今回の日程で唯一すっきり晴れてくれたこの一瞬。
阿蘇へ向かうことをチョイスして正解でした。
 
P8120128
阿蘇と言いっても広う御座んす。
今回は外輪山の上にある大観峰を目指す。
 
ホテルに有ったガイドブックに書いてあったからだけですが。^^;
 
P8120129
行く途中の展望所
 
P8120132
ここからでも良い景色が見渡せます。
 
P8120134
 
P8120138
頂上に近づくとこのように平坦に。
ちょっと山の上には思えない景色。
 
P8120139
駐車場に車を止め
 
P8120141
展望所を目指す。
 
P8120142
見渡す限りが阿蘇山!
ここも阿蘇なら、向こうに見えるのも阿蘇、とっても不思議な感覚です。(笑)
 
P8120143
 
P8120146
 
P8120150
 
P8120154
ちっちゃくて分からないかもしれませんが、向こうの山?丘?の上に車が走っている所が阿蘇スカイラインです。(前に動画でお見せした所)
 
Img_20140812_123912
この景色の凄さは写真では到底伝えることが出来ませんね。
 
Img_20140812_124757
下界に比べれば格段に涼しいですが、やはり夏…日差しが暑い!
 
Img_20140812_130105
大観峰にある茶店で食べた馬肉メンチカツ。
 
牛、豚に比べ臭いも少なく、あっさりした味わいでした。美味し!
 
P8120159
よく分からずに偶然走った阿蘇スカイラインですが、来た道と違いガラガラ。
熊本市内にサクッと帰れました。
 
さて、いよいよ旅の目的地…鹿児島へ向かいましょう。
Img_20140812_162552
途中で道の駅で見つけたセブンティーンアイス白熊バージョン
 
P8120163
天草諸島のどこかを写しています。
 
今回旅をしてて思い知りましたが、頭のなかにある地図と現実との差は大きかったですね。
天草も、もっとちょこんとしたイメージだったんですが、大きな島です。(笑)
 
P8120167
鹿児島に入るも、既に辺りは暗くなってきた。
 
P8120168
まもなく鹿児島市に到着、夜の7時半ですが西のほうですから関西より明るいですね。
 
P8120169
部屋からの夜景
 
P8120172
一泊3800円のホテル。
 
P8120173
鹿児島も路面電車が走っておりました。
 
Img_20140812_224440
今夜はここで
 
Img_20140812_221221
やっぱり芋焼酎
 
Img_20140812_211831
 
Img_20140812_211835
冷奴にナスの田楽、からあげで呑みませう。
 
客が私一人だったことも有り、お店の方と色々お話をして、さつま揚げやお漬物もサービスで頂きました。
旅はこういうのが楽しいんですよね。
 
Img_20140812_224612
お腹いっぱいですが、飲み物とお土産を物色にスーパーへ。
 
Img_20140812_233622
そこで見つけたパイン糖
飴っぽいものを想像していましたが、まともに砂糖です。(お茶菓子に、とは書いてあるんですが)
しかし、食べていると不思議に後を引く…
 
砂糖大好きな方いかがですか?(笑)
 
 
つづく 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金曜日)

るろうに剣心 京都大火編

Wall

この間の日曜日、映画見てまいりました。
 
面白かったです、早く伝説の最期編始まらないかな。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水曜日)

九州への旅 その3

3日目

 
7時ぐらいに起きたんかな?
泊まっていたホテルから熊本城まで4km程度
またまた自転車で行こうかと悩んだが、チェックアウトに間に合わなくては大変と、車で行くことに。(^^ゞ
 
P8120075
適当に案内を見て走っていたら一番近い二の丸駐車場へ到着。
8時40分ですがガラガラ。
(今パンフレットを見て気がついたが8時半からの開園でした。
 
P8120076
大きな駐車場
(帰るときは車でいっぱいになっていましたが。)
 
P8120077
たまには愛車も一枚。遠くまで老体に鞭打って頑張ってくれました。
 
P8120078
駐車場横は大きな広場になっています。
 
P8120079
駐車場からでも結構距離がありますです。
 
P8120080
とにかく廻りの施設が大規模
 
P8120082
 
P8120083
やっと、チケットの販売所前
 
P8120086
入ってすぐに展示物
 
P8120087
 
P8120088
縮小してあるから読めないかもですが、西南戦争の折、傷ついた兵士を敵味方別け隔てなく治療をするという先進的な考え方が生まれたと書いてあります。
 
P8120089
 
P8120091
籠城戦の時に食料が底をつき。
 
P8120092
城にいるもの全て食べたみたいですよ。^^;
 
P8120094
本丸を目指す。
 
P8120095
案内図でも広さが分かってもらえるでしょう。
 
P8120096
お~立派!
 
P8120099
あちこち無駄にスペースが有ります、しかし籠城していた時この中に3500人居たそうなんで結構一杯でしょうか?
 
P8120100
「闇り通路」と言う珍しい御殿の入り口 
P8120102
崩れている石垣も、今後修復されるのでしょう。
 
P8120104
 
P8120105
顔を出して写りたかったが、他人にお願いする勇気が出ず。
 
P8120106
やっと、中へ。
 
P8120107
 
P8120112
熊本の街並みが見渡せます。
 
P8120113
中の階段はこんな感じ…大阪城っぽいですね。
 
Img_20140812_101257
なんだかんだで1時間半ほど見学しておりました。
 
喉の渇きをノンアルコールビールで癒して、次の目的地へ。
 
つづく 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月曜日)

九州への旅 その2

P8110025
起きてみると、こんな景色。
 
昨夜寝たのは1時頃、目がさめたのは6時頃…やはり、車の中では安眠できませんな。 
 
P8110026
この様な道沿いのパーキングエリアで睡眠、いや仮眠か。
 
Img_20140811_062549
寝起きの腫れぼったい顔を精一杯ごまかして自分撮り。
一人旅はアングルに入ってくれる人が居ないので自分いれんと寂しいっすよね。(笑)
 
此処にいてもすることがないので、さっさと出発します。
さて九州へ渡るぞ!
 
P8110027
恥ずかしながら知らなかったのですが、一般道からだとトンネルだったんですね。
 
P8110030
 
P8110032
ナビでも海の中を走っているのがお分かりでしょう。
 
距離にして1Kmぐらいでしょうか、あっさりと九州に渡ってしまいます。
100円取られますが。(軽自動車)
 
そうそう、九州へ入ったところにはあれが有ったな。
 
P8110040
と言うことで、門司港レトロにて
 
こういう事もあろうかと持ってきた3号車(仮)
 
P8110041
 
P8110039
15年か20年前に来た時はもっとキレイでしたが、あちらこちら老朽化。
 
P8110038
人が少ないのは早朝だからです。(7時半ぐらい)
 
P8110045
てっきりあの橋を渡ると思っていましたが、あれは高速でした。
 
P8110052
こちらは歩行者と自転車用のトンネル入り口。
 
P8110053
まあ、いいかと渡りませんでしたが、今更にちょっと後悔。
決して往復40円を惜しんだわけではありません。
 
P8110058
 
P8110059
 
P8110062
門司港駅
 
1時間ほど街なかを散策して、門司港を後にする。
 
P8110068
雄大な景色を眺めながら、熊本へと向かいます。
 
前方の山がガッツリと削られていることにびっくり。
写真では分かり難いですが、かなりの削りっぷりです。
 
キョロキョロしながらも順調にドライブしていると、なんかしんどくなってきました。
考えるにどうもハンガーノックくさい。^^;
 
適当なところで食事をすることに。
 
Img_20140811_124222
飛び込んだ道沿いのうどん屋さん。
 
ガッツリ食わんとあかんかと思いからあげ定食をチョイス。
まあ、あまり食欲も無いから630円ぐらいの軽い物と思い注文しましたが…
Img_20140811_124218
期待はずれの盛りっぷり。(笑)
 
ごはんもたっぷりな上に小うどん付きとなっていましたが、関西の普通サイズです。(笑)
なんとか完食しました。
 
食事後しんどかったのも解消、やっぱりガス欠でした。
 
P8110071
 
P8110073
九州はカラフルな電車が多いので色々と見てみたかったのですが、無計画ではそうそう見れるものではありませんでした。
 
P8110074
青果市場です、スイカがメインなんでしょうね。
 
夕方が近づき今日はちょっと疲れもあるし、熊本も近づいたので宿を探す。
(朝からの走行距離は200km程度なんですが大きな街を通るので時間がかかりました)
 
携帯から検索し予約。(4時半頃)
5時に宿にチェックイン!本当に便利ですね。
 
熊本市西区にあるホテル五番館(素泊まり3500円)
ちょっと古いですが寝るだけなので問題なしざんす。
Img_20140811_185411
ひとっ風呂浴びて、さっぱりしたら好みのお店を求めて、近所の散策。
真夏だというのに秋っぽい空です。
 
この辺りは馬刺しが有名なので、ぜひ食べようと意気込んで探しましたが。
どこもお高い。
 
たかがと言うと怒られそうですが馬刺しは馬刺し、定食800~1000円ぐらいで頂きたいものですが、ホテルの近所にあったお店では馬刺しだけで1500円~2000円ぐらいの設定でした。
 
と言うことで結局。
ホテル近くの天翔さんへ
 
Img_20140811_190912
麻婆豆腐(一番辛い四川麻婆を頼んだが、甘みからくる辛さでパクパク食べれる、後から汗が滝のように流れるのではあるが
 
Img_20140811_191549
焼き焼売(判りづらいがこれも結構なボリューム、とっても肉々しいです)
 
中華なんですが、ピリ辛料理に焦点あててるお店でして、また味がいい!
しかーし、お昼に続きここも盛りがいいので上記二品でお腹いっぱい。
他にも美味しそうなメニュー(肉巻おにぎり、豚足など)がいっぱいだったのに。
 
ビール二杯飲んで2000円とちょっと、気分よくホテルに帰って爆睡しましたよ。(笑)
 
 
つづく

| コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土曜日)

九州への旅 その1

なんか唐突に思い立ってしまいました、九州へ行こう!って
 
それも行ったことのない鹿児島県まで行って桜島の噴火しているところを見てみたいって。
 
お盆休みはそれなりの日数でありますし、家族も相手してくれませんからちょうどいい期会です。
 
貧乏人なんで下道オンリーで行くことにしてグーグルさんに聞いてみると
鹿児島市までザクッと930キロ!
行くだけで3日はかかるだろうか?

Img_20140810_120334

鳥取手前まで走りましたが、やっぱり40km/hがいいところ。
まあ、目的のない旅でありますから時間的制約もないのですが、生憎の天候でドライブとしてもあまり楽しくない。
 
P8100015
海沿いに10基ほどの風車が回っておりました本物はでかい!
(当社比 舞鶴の車屋さん)
 
Img_20140810_130247
昼も過ぎようとしておりましたので、あまりお腹が空いていませんがラーメン。
道の駅でみかけた牛骨ラーメン (レストラン はわいVer)
 
ラーメンに詳しくないのでよくわからないが、普通っぽいラーメン。^^;
 
検索すると湯梨浜町はアイスでも頑張っているみたい。
美味しそうなんで今度これ目当てにドライブしようかな?
 
 
Img_20140810_185540
その後も休憩をおりまぜながら、夕食タイムは島根県浜田市辺りの回転寿司。
 
しかし100円皿だけじゃなく800円皿まである高級店でした…
美味しかったんだけどね。
 
P8100019
さらに走り続けトイレ休憩によった道の駅
 
山口県阿武町
二度と来るかどうか判りませんが、道の駅発祥の地らしいです。
しかし施設はリニューアルされたところなのか、すごく綺麗で施設は木の良い香りに包まれておりました。
 
Img_20140810_205048
都合よく入浴施設が有り、時間も大丈夫だったので疲れを癒やすため入浴いたしました。
 
Img_20140810_203912
風呂あがりはやはりこれでしょう。
 
Img_20140810_205034
きれいな切り絵
暗くて走っていても景色が見えないが、明るいと、この様な所があるんでしょうな。
 
P8100022
この日8月11日はエクストラスーパームーンが見れる日でした。
日中は雨が降り続きどうなることかと思いましたが、夜10時頃山口県の山中で見させて頂きました。
大きさが16%、明るさが30%増しだそうです。
比較するものがないとよく判りませんがね。
 
この後下関まで走りまして、一日目の行程は終了。
結果12時間500キロほど走りましたかな?
 
つづく

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金曜日)

九州チラ見せ

先日訪れていた九州

その中で最もキレイだった阿蘇での動画
 
阿蘇スカイライン
手持ちで撮影はちょっと危険だぞ!(笑)

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »