旅行・地域

2021年10月27日 (水曜日)

善光寺参り2日目

Img20211016073634

さてさて、翌日になり朝も6時ごろから目が覚める。

この日のお天気は下り坂予報だったが朝は気持ちよく晴れている。

 

Img20211016073642

Pa160273

ホテルのすぐ近くが陣屋前朝市だったので、朝食の無いプランにしたが朝市に朝食ちっくなものは無い。😅

Pa160275

あとで、買いに来ることにして朝食を求めて中心地の方へ

喫茶店でモーニングを食べ、もう一つの朝市の方へも覗きに行く。

 

Img20211016084650

こちらの方が出されているお店も多く、ちょっと失敗した感じ。

 

Img20211016085300

ラーメンのモーニング発見!

喫茶店でのモーニングを後悔するが、冷静に考えると朝からラーメンは重たすぎるだろ。(笑)

 

りんごやぶどうを買ってホテルに戻り

チェックアウト時間の10時前にホテルを出る。

 

つもりが、観光するなら車を預かってくれると言うので

お言葉に甘えて、再度高山散策へ。

 

Img20211016110435

高山昭和館

あまり期待しないで入ったが、入り口にある駄菓子から

昭和初期ぐらいからの物に溢れかえる展示は

思いの外、嵌まり込んでしまった。😊

 

Img20211016101735

親子二世代でも楽しめる、いや三世代でも楽しいんじゃ無いだろうか。

うちの子供も連れて行って見せるのも楽しそうだ。

 

Img20211016102706

コツコツと集めたであろう昭和っぽいものの集まりは、遠い記憶を呼び覚ます。

生活は便利になったけれど、昭和の時代の雰囲気を今の生活に取り入れたいな〜。

 

つづく

| コメント (0)

2021年10月21日 (木曜日)

善光寺参り1日目

Pa150230

西国三十三ヶ所めぐり

先日と言っても3年前になるのだろうか

和歌山の青岸渡寺と紀三井寺を参り満願成就となったので

お礼参りに善光寺へ。

Img20211015120456

心配だった天気もタイミングよく晴れになり

絶好のドライブ日和。

 

早朝5時半に家を出て

北陸道を駆け上がる事6時間

予想に反して昼までに善光寺にたどり着いた。

Pa150237

この日の宿泊は高山まで行くつもりだったので

予定的に余裕を見ていたのだが、食事をしていないとはいえ随分早く着いたものだ。

 

そのお陰で、本堂ではお戒壇(かいだん)めぐりと御本尊のご開帳を拝見し

経蔵では6万数千冊のお経が納められた輪蔵を回し

山門の上にある四国八十八ヶ所めぐりの仏像など見て回ることができた。

(写真は山門から門前町を写したもの)

Img20211015132847

ここで12時半になっていたので昼食に山門前にある山城屋へ

苗字が同じというだけで選んだお店だが、まずまずの物が出てきた。

 

Pa150259

門前町の土産物屋でこのような看板を発見。

興味をそそられるが日和ってしまい、至って普通な栗ソフトを食べてしまう。

 

2時ごろに出発して5時過ぎに今夜のやどに到着

飛騨高山 旅館本陣平野屋 別館

 

コロナ明けで空いてるのもあるであろうが

最初から気持ちの良い対応のホテルでほっとする。

 

Pa150261

宿泊した部屋からの眺め

 

屋上にある温泉でさっぱり、湯上りは浴衣だけでなく作務衣も用意してありよかった。

 

Img20211015192702

夜は飛騨牛も付く和懐石に飛騨牛の握り追加

締めのきのこご飯までしっかり完食でお腹いっぱいになる。

 

感染予防の意味もあるのであろうが、部屋食でゆっくり楽しめた上

中居さんも必要以上部屋に留まらず、さりとて待たせることも無い

見事な配分だった。

 

Img20211015191240

ビールで喉を潤した後、こいつを三合のんで朝までぐっすりでした。😅

 

つづく

| コメント (0)

2021年9月26日 (日曜日)

枝豆買いに篠山へ

夏の暑さも和らぎお出かけしたくなるこの頃、季節モノの栗と枝豆を求めて笹山に。

Img20210926143151

珍しく奥様も付き合ってくれたので、先ずは食事。

オフ ザ レコードと言うお店。

オーダーストップ間近の入店だが沢山のお客さん。

Img20210926141911

プレーンバーガー

噛みごたえるパテにカリカリに焼かれたパン、それらを上手くまとめるソースで文句なしの旨さ。

Img20210926141915

緊急事態宣言が解除されていないが多くの観光客が居て、心配よりも街の賑わいが嬉しい。

駐車場探すのに苦労したが…(笑)

無事目的のものを買って帰還。

秋の味覚を堪能しました。

| コメント (0)

2020年12月 8日 (火曜日)

白鬚神社と言いつつとん汁ラーメン

天気が良いとドライブに行きたくなるのは、人間の性なのか。


毎回の事ですがその日の気分で適当に出かけてしまう私。

この日はグーグルマップ片手に検討し、ぐるっと周って白鬚神社へ行こうと思いつきました。😁


Img20201127135441_20201207212401

人生初となる比叡山ドライブウェイ

京都市内側から行きましたが狭いし道も悪いので車高短の方はお勧め出来ません。😅


結構な高さまで登りますね、琵琶湖を一望出来る眺めはなかなかのモノ。


Img20201127140112_20201207212401

何だったっけ?

美しが丘?


検索検索…

夢見ヶ丘でした。^^;


Img20201127153410_20201207212401

比叡山を下り30分程走ると見えてくるこちらが白鬚神社。

Img20201127153838

小さな神社ですが、次々と人が訪れ

20台ほどの駐車場がありますが、ほぼ満車です。

Img20201127153758

で、他の方がどの様な目的で訪れて居るかは分かりませんが、私が気になったのはこちら。

前に琵琶湖テラスへ行く時に見つけた鳥居で。


Img_20201127_223650_308

この様に、宮島の鳥居の様に水の中に佇んでおられます。


これは映える…いやいや

美しい風景が見えるだろうと思い、訪れた訳で…


思ったとおりの良い風景が見られ、写真も写すことが出来ました。



しかし…

私がそれだけで満足しないのは周知の事。


Img20201127152236

神社の隣にある白鬚食堂


昔ながらのメシ、とん汁食堂ですが、ちょっと評判のコチラがとん汁ラーメン🍜!


あっさりとした味付けですがとても美味しい。

結構ボリュームも有りましたがお代わりしたいぐらいでした。

値段も500円とリーズナブル。😆


寒い内にリピートしそうです。(笑)

| コメント (2)

2020年11月21日 (土曜日)

これにてしまなみ海道は全て走り終えました。

さてさて先週のお話になりますが

因島に戻ってきたので

心残りであったしまなみ海道未走破部分を終わらせました。

 

いうのは簡単ですがなかなか辛かったっす。😅

 

Img20201114094601

前回から計画していた通り、先ずはフェリーで今治へ。

 

因島の土生港からは直行では無く、途中の島を経由して行くので

1時間10分ぐらいかかります。

 

Img20201114094958

土生港を10時に出発

 

意外にも乗る人は数名と少ない

Img20201114100013

途中の島で増減はあるものの20名ぐらいの利用でしょうか?

 

Img20201114111457

この様な高速船ですが自転車も載せれます。

と言うか荷物として積んでくれます。

 

マシンはいつものフルオープンワンシーター

シルバーメタリックが輝いていますね。❤

 

Img20201114111556

桟橋を通り港感無くスルッと街の中へ

このまま街道に向かっても良いのですが

折角なので近くにある今治城へ。

 

Img20201114112116

失礼ですが想像していたよりも立派なお城でした。

この規模の堀が有る城は少ないと思います。

 

Img20201114112737

城の中には神社がありますが、説明は省きます。😌

 

Img20201114113022

此処にも有ったか顔出し…

まあ、一人旅には無用の長物。

 

入場料(入城料?)を払って天守閣へ

 

Img20201114113740

今治市内が一望出来る眺めの良さ

 

遠くに見えているのが今から向かう来島海峡大橋です。

…長く無い?(^_^;)

 

で、昼前に今治に着き、お城を見てお昼過ぎ。

 

ぐーぐーとなる腹を押さえつつ橋に至る道中で何かあるだろうと向かいますが

お約束の様に手頃な店が見つからず。😳

 

Img20201114122314

橋へのスロープを上ります。

向こう岸霞んで見えるんですけど。😅

 

Img20201114122319

細く長いスロープを老若男女、歩いたり自転車で行き来します。

自転車の前に子どもを載せている夫婦とか居られるのですが

見てるとヒヤヒヤしますね。😖

 

Img20201114122805

これ迄の中で1番高い。

 

Img20201114122809

走ってもなかなか終わらず2キロぐらいかと思っていましたが

調べると全長4キロ、高さが65メートルもありました。😩

 

Img20201114124407

やっと対岸の大島へ

 

Img20201114130623

橋を降りてすぐに有った道の駅よしうみいきいき館でランチタイム。

かなりハンガーノックがヤバかった。

 

Img20201114125940

今治名物焼豚玉子飯

予想を裏切る美味しさとボリュームで満足。

眺めも良いがちと眩し過ぎ。

 

で、今居るこの大島 

サイクリングルートが海岸線を走らず結構なアップダウン。

さらに今治からずっと向かい風の厳しい試練に合い

序盤で身も心もヘロヘロに。

Img20201114140526

次の伯方島へ向かう橋まで写真すら撮る気力が無かった。

 

伯方島から、来る時に乗ったフェリーで帰れるので

それを励みに重い足取りを前に…

 

が、此処らあたりから風も少し穏やかになり

橋と橋の間隔も短くなって少しモチベーションアップ

 

Img20201114150311

で、いつものサイクリストの聖地

道の駅多々羅しまなみ公園

 

Img20201114151258

疲労回復にクエン酸をと思い

島レモンソフト

めちゃくちゃ酸っぱい。😖

 

でも、此処からまだ20キロぐらい有るんだよね。😭

 

Img20201114154045

多々羅大橋を渡ると日はもう此処まで傾いてる

 

 

Img20201114163514

この橋でラスト、でもこの橋向こうへ微妙に上ってるんだよな〜。😞

 

Img20201114164036

因島に着いた時はすっかり日は島陰に

あーしんど、暗くなる前に帰れて良かった。

 

 

先月から都合5回自転車で走りトータル200キロ程走りました。

なんやかんやで頑張ったと自分を褒めてあげよう。(笑)

 

余談ですが疲れた体を温泉でも行って癒やそうと思ったが

因島温泉ねえ!!

 

 

| コメント (2)

2020年10月22日 (木曜日)

やまちゃん聖地に到る。

さて、日曜日のお話。
土曜日は生憎雨模様だったので何処にも出かけれませんでしたが日曜日は天気予報は晴れ
残りのしまなみ海道をサクッと終わらせようと計画しましたものの…
日曜日起きてみるとどんより曇っている。
予報は晴れだがいまいちすっきりしない。
降ってもらっては困るしと考えていると9時過ぎぐらいに晴れ間が…
結局10時前になり晴れたので旅館から出発!

Img20201018094458

さすが海辺の神社

大漁旗が飾った船が置いてあります。

 

当初予定では土生港からフェリーで今治へ渡り

街道を渡って帰る予定をしていましたが、時間も遅くなったので

前回行った生口島を周回するべえと出発。

 

Img20201018102016

生口島東側

前回とは島の反対側を走る。

 

Img20201018102252

海と島と海岸線と言う組み合わせが変わらないので

何処で写したものか時間が経つと分からなくなって来ますね。😅

この島は結構山も高いです。

 

Img20201018105025

生口島を10キロほど走ると次の島へ渡る橋が見えて来た。

(多々羅大橋)

 

Img20201018105810

いつもの案内板

 

Img20201018110002

レモンだと思う。

どの島も色んな柑橘系の木がたくさん植っており、道にはコロコロと転がり落ちております。

 

Img20201018110101

しまなみ海道無料化スポンサーズ

ありがとうございます、おかげで気楽に楽しめます。

 

Img20201018110535

こう言うのもあるそうです。

もしもの時には心強いですね。

 

Img20201018111445

橋の上から走って来た道を撮る。

 

Img20201018111456

景色を楽しむにはありがたいが何気に柵が低いのが人によっては怖いかも。

 

Img20201018111608

橋の途中にこう言うものが有りました。

 

鳴き龍

手を叩いて下さいと書いてあるのでやってみると。

トンネルの中のように反響が帰ってきます、おもしろいですがおっさんが一人で興じるものでは無いですね。😓

 

Img20201018111831

橋の中央で県境

皆様立ち止まっては撮影ポイントになっておりました。

 

Img20201018112319

愛媛県側はスポンサー表示が多いような。

 

Img20201018112345

大三島到着!

橋を渡り終えてスロープを下っていくと

 

Img20201018112640

ん?なんか見たことがあるぞ。

 

今年初めの家族旅行で来た道の駅でした。

 

Img20201018113145

次に橋まで5キロか…煽るな〜。(笑)

 

Img20201018113441

サイクリストの聖地モニュメントと撮る。

マシンが映えてますね。😁

 

Img20201018114715

昼前になりお腹が空いてきたので糖分補給。

洒落で買ったどら焼きでしたが旨かったです。

 

半年前に見た景色でも自転車で来ると感慨深いですなぁ。

 

12時になりそろそろUターンTimeなんですが、あと5キロならと次の橋へ。

 

Img20201018122654

大三島橋

 

Img20201018122800

海に飽きてきてるので看板の写真だけっす。

 

Img20201018123141

伯方島到着

そろそろ体力ゲージが半分を切るので、橋から降りずに引き返し。

 

Img20201018131148

多々羅大橋?

写真的には少し陽が傾いて海がキラキラしている頃がシャッターチャンスですね。

夕陽が沈む頃も撮りたかったですがそこまで粘る根性が無い。w

 

結局60キロ程走り夕方4時ごろ帰ってまいりました、残す島は大島のみ。

今回の出張は終わりますので次回のお楽しみに取っておきます。

 

 

 

 

| コメント (2)

2020年10月17日 (土曜日)

因島から尾道駅までは近いような遠いような

土曜日は久しぶりに自転車で走り回りましたが、翌日に筋肉痛が出るわけでもなく

疲労感もなかったので、日曜日も朝から自転車でお出かけ。

 

反動が出たのは水曜日辺りから…どんだけ老化してるんだか。😂

 

今回は日曜日に行った尾道までのサイクリングのお話。

 

Img20201011100137

今回は距離もあるし目的地も目視できないので評価の高かったNAVITIMEを使用。

こいつがルートで選んだのは海岸線のサイクリングコースでは無く山越えのルート❗️

 

自転車ブランクの長かった私はあまり考えることもなくそのルートへ😅

 

走り始めて1キロほどでいきなり10%ぐらいの延々と続く坂

引き返せば良いのに途中まで登った事が勿体なくてそのまま進む。

最後は1キロぐらいのトンネルを押し歩きで

涼しくて良かったが暗闇が辛い、ライトも着かない整備不良車やしな。

 

山を越えると後は下りとほぼ平坦な道

途中に因島水軍城があったが半年前に来たばっかりなのでスルー

 

Img20201011101354

因島大橋手前

この橋への上りが地味にキツいんです。

 

Img20201011101808

見にくいですが現在地因島大橋手前で向島に渡ります

 

Img20201011102219

島陰から本州もチラチラ見える

 

Img20201011102241

この橋は自動車道の下を通るのでこんな感じ

 

Img20201011103307

渡り切ったところで迎えてくれる看板

あちこちに看板が充実してるので迷う事なし!

迷っても小さな島なので問題は無いが。(笑)

 

Img20201011103617

渡って来た因島大橋

スロープを降りて来るとこの場所に出る。

でも、尾道はこの橋の下を通って行くんです。

反対に下ろしてくれれば近いのにね。😅

 

海岸線と島の中を30分程走ると

 

Img20201011111054

尾道到着!

 

渡るか渡らないか、渡船を眺めながら思案中。😔

 

Img20201011112043

折角なので渡る。

 

料金大人100円 自転車10円

 

切符売り場がなくて戸惑うけど、船内でおじさんが回収するシステム。

電車の車掌さん的な感じやね。

 

Img20201011120837

尾道駅

 

尾道には数回来ているけど駅は初めて見る、どんだけ限られたところしか見てないのか。(笑)

(尾道と便宜上言っておりますが、因島も尾道市です。でも島の名前で言わんとややこしいからね)

 

Img20201011114734

昼時なのでチェックしていた駅横の店で角煮カレー

 

Img20201011114348

誘惑に負けて、がりサワーも

内緒だよ。😅

 

Img20201011123911

飯だけで帰るのも何なので、周辺をぶらつくけど余り行きたいところは無し。

 

疲れもあったので帰りはフェリーでショートカットしようかと乗り場へ行くが、タイミング悪くて2時間ほど時間がある。

 

待っている間に帰れそうなので、来た道を引き返す。

 

Img20201011134628

こちらは向島側の案内板

 

因島に入ってからの帰路は海岸沿いのサイクリングルートへ

 

Img20201011140252

早々に恐竜発見

因島観光で検索すると出て来るやつでした。

因島もほぼコンプリートだなぁ。(笑)

 

10時ごろ出発して3時ごろ土生(はぶ)に帰着

トータル50キロほど走りました。😃



この後いつ来るか分からない筋肉痛に怯えながら仕事しておりましたが水曜日頃から変な疲労感が…

階段を上る足取りも重いが、今更セーブ出来るわけでも無いので耐えるだけ。😢

 

皆さま肉体は日々衰えていますので、無理はしないようにご注意下さいませ。(笑)

| コメント (2)

いんおこって広島焼きと何が違うのかな?

Img20201010185513

食べかけの写真で失礼します。😅

 

こちら先日食べた因島のお好み焼き。

 

1602234156978

説明によるとそばでなくうどんが入っているとの事

広島のお好み焼きも選択出来たと思うけど?

それとも関西のお好み焼きと比較しているのか?σ^_^;

 

Img20201010190255

安い…

ねぎ焼きのベースも気になる。(笑)

 

細かい事は置いておいて、美味しくいただきました。♫

| コメント (0)

2020年10月11日 (日曜日)

初めてのしまなみ海道はママチャリで

Img20201010095837

さて私が因島に出張で来ているのは周知の事実ですが。

週末になればお休みになり。

宿泊先ですることと言ってもネット見るぐらいで時間的に無茶苦茶余裕がある。

 

車でもあればドライブがてらあちこちに行くのだが

生憎手元にあるものは通勤用のママチャリのみ。^^;

 

数年前ならイケイケでチャリで観光に出掛けたでしょうが、堕落の限りを満喫した今の体では全く走れる距離がわからない。

 

ということで、あまり大きな目的を持たずに目の前に見えてる島に行こうと決める。

最低でも橋の上からの景色を見れればと。

 

しかし、その橋までで4キロ程あり辿り着けるのか不安。😅

 

走り始めて1キロもいかないところで道端に幟が

なんとはなしに見ると自転車神社の文字!

 

すぐさま方向を変え神社へ。

 

Img20201010100621

到着!

曲がって100メートルぐらいでありました。(笑)

 

Img20201010100739

Img20201010100802

あの方の好きな顔出しパネルがあった事は内緒です。

 

Img20201010101922

高台にあり眺めも良し、巫女さんにのせられて御守り二つも買ってしまった。

 

出発からすでに1時間は経ったでしょうが未だ全然進んでいません。

 

Img20201010104938

おっちらおっちら漕いでなんとか橋まで

 

あの高さまで登るの〜。😢

 

Img20201010105807

登った!

 

天気が良ければキレイなんだろうが生憎の曇天。

まあ、関東は台風で大荒れの日でしたから無理は言うまい。

 

Img20201010105953

これが、私のパートナー

 

かなりボロでギコギコ言いますが、ブレーキは一応効く。

 

Img20201010111103

渡った先にある看板

現在地の位置に居ます、拡大してみてね。

 

Img20201010122052

で、惰性で漕いで辿り着いた耕三寺

見学しようと中に入るが拝観料1400円にびびって引き返す。

 

山頂に見所があるらしいが天気が悪いので今度良い日にリベンジだ。😝

 

Img20201010120545

昼時になっていたのでチャーシュー麺

最近珍しいあっさりラーメン。

 

結局ここまでで13キロ程走っておりました。

帰れないと困るので引き返しましょう。

 

Img20201010132849

途中小雨に降られたりもしましたが、因島に帰ってきた時はこのように晴れ

キレイな景色を見せてくれました。

 

Img20201010153223

3時ごろに宿に帰着し、途中スーパーで見つけたがんすをアテに酒を飲む。

 

結局27キロほど走りました、久しぶりでも意外と走れるものですね。

ただこの後の筋肉痛がどうなるか心配…(^^;;

| コメント (2)

2020年9月 2日 (水曜日)

リサイクルぶらやま

Img20200823120259

知人のよっちゃんが脱サラして始めたリサイクルショップ

Img20200823120312

こちらの自転車は知人のてっちゃんが作って押し売られた看板?アイキャッチャー?

しかし、それならそれでもう少し目立たせないと…(^_^;)

Img20200823120355

場所は石原駅の左向かい辺り

2坪程の店内には色々といろいろと…

Img20200823120343

どの辺りの選定がお客様に受けるのか私には分かりませんが、店主曰くニーズを反映して変化させてるそう。

Img20200823120334

駄菓子も売っているのでお子様連れでひやかしにでも行ってあげて下さい。(笑)

| コメント (0)

より以前の記事一覧