旅行・地域

2019年6月 2日 (日曜日)

円形劇場くらよしフィギュアミュージアム

今回私の行きたかった温泉とARA!ちゃんの行きたいイベントが

地域的にも日時もシンクロし驚いたのだが

 

そうして訪れたのがここです

 

Simg_20190502_135037

このような特徴的な建物だが

昔の学校で廃校後解体されようとしてた物をリノベ存続されたそう

充分現代建築として通用するモダンな感じですがね

 

で、ここで開催されていた

『情景師アラーキーの超絶ジオラマ劇場』

を鑑賞に来たのである

P5020045-2 

さて、料金を払い中に入ると...

Simg_20190502_135649

いきなり魅了され言葉もろくに出ないぐらい引き込まれる作品の数々

Simg_20190502_135635

Sp5020079

若い人たちにはこれでノスタルジーを感じる事は無いんやろね

Simg_20190502_141558

Simg_20190502_141630

懐かしいと言うか田舎のあるあると言うか…

 

 

Sp5020138

おお、宮崎先生の悪役1号だ

Sp5020137

Simg_20190502_143048

こちらは説明によるとオール・イン・ザ・BOXと言ってプラモデルの箱の

中の物だけで作られているそうです

木はランナー、葉っぱは説明書を切った物ですって💧

(詳細は下記説明をどうぞ)

Simg_20190502_143056

Simg_20190502_141659

こちらも下のサイズの作品ですが、小ささを感じさせない作り込み

Simg_20190502_135704

Simg_20190502_143603

Simg_20190502_143627

上の作品を大きく印刷されているものの前で写しましたが

若干スケールが違うものの、ぱっと見は違和感がないですよね

Simg_20190502_143123

あまり注目されないであろう空きカンですらここまで作り込む拘り

Simg_20190502_143134

Simg_20190502_143401

見てるとムズムズと何か作りたい衝動が出てきますが

同じ分野で進むと落ちこみ必至ですよね💦

Simg_20190502_143420

Simg_20190502_143104

Simg_20190502_143110

跳ね橋は紙製です、説明読むまで分からんかった

Sp5020084

Sp5020087

テトラポッドもペーパークラフト(微塵も分からん(笑))

Sp5020104

ポスターになっていた作品

Sp5020099

店の前の自転車、そのサイズにどうやって制作するのかと驚きますが

写真を拡大してみていたらタイヤの横に文字が…どうやって書くんだろう💧

Sp5020102

Sp5020094

店の中のおもちゃですが普通こんなの写真でごまかしません?

指の上に乗るけん玉に作る事考えただけでストレス溜まるわ

Sp5020106

実際の風景との合成でしょうが、普通の写真にしかみえないのが…

Sp5020116

数ある作品の中での私のお気にいいり

Sp5020118

リアルの中に非現実が混ざるのが模型の良いところ

Sp5020115

このロボット、小学生の通学用らしいです😃

Sp5020120

Simg_20190502_142153

他にもガンダムや

Simg_20190502_142316

ボトムズなど

 

いやーどのくらいみてたんだろ?

最初から最後まで圧倒されっぱなしでした

 

荒木さんの作品は期間展示でして、他のフロアーには

Simg_20190502_145937

何だっけ?リボルテック?

Simg_20190502_145924

パトレイバーや

Simg_20190502_145835

バッシュ

Simg_20190502_150023

ダンボーさん

Sp5020173 

また別のフロアには

Sp5020168

海洋堂のフィギュア

Sp5020157

イモムシから恐竜まで何やかんやと

Sp5020150

Sp5020177

Sp5020151

Sp5020176

ここら辺の戦車は、メーカーの物なのか地元モデラーが作られたものか

写真で見てもよく分かりません(笑)

 

などなど、ひっじょーーに濃い展示を鑑賞しまくって、今回の麺通団(東)

活動は終わり!

 

と言ってもここから、下道でボツボツと帰ったので車内ではまだまだ

バカ騒ぎが続くのだが…

 

唯一の心残りはすなばコーヒーに行けなかった事!

リベンジしなければと言いつつ余りリベンジ出来てないのはナイショ(^◇^;)

 

 

| コメント (2)

2019年5月25日 (土曜日)

倉吉白壁土蔵群とChickenCamp

Sp5020032

さて、遅くなりましたが思い出しながらボツボツと…。

温泉に入りまったりした後は、温泉からほど近い(近いと言っても車で小一時間かかりますが)

ここ倉吉市へ

 

近場の駐車場は一杯だったので少し高台にある倉吉博物館の駐車場から歩いて

土蔵群へ向かいます

 

倉吉市には特に思い入れがある訳ではなかったのですが

前、お土産でもらったここに販売所のあるお酒が美味しかったので(笑)

 

Sp5020033

白壁土蔵群と言う物のがあるのですが、GW中であるにも関わらず観光客は少なめです

駐車場もあちらこちらに有りますが私が確認した限りではどこも無料です

 

まあ、観光地の穴場スポットとでも言えばいいんでしょうかね💦

Sp5020039

観光案内所だったと思う

Sp5020035

土蔵群とは別に街並みもまさしく昭和な感じの建物が多いです

Sp5020036

地元綾部でもこう言う佇まいのお店が無くなってきましたね

Sp5020037

Sp5020044

最近流行りのご当地キャラですか

効果はさておき、どこの地域の物も見分けがつかん(笑)

 

Sp5020045

おっと、後ほど訪問予定のイベントのビラ発見!

Sp5020046

訪れる人の評価はさておき、田舎人間の私には童心にかえる風景

Sp5020047

街の一角にある倉吉淀屋

Sp5020050

1760建造の建物らしくあちらこちら壊れていますがそれを修復しつつ公開されています

日本建築のすごさがわかる話ですよね

Sp5020053

何も無いのだけどこころがほっこりと和む縁側からの風景

何時迄もまったりしてしまいそうなので気持ちを引締め直しここを後に

Sp5020054

こちらが白壁土蔵群です

個人的にインパクトが薄くて写真がこれだけ^^;

Sp5020056

散策というか散歩というか…

Sp5020042

参道というか路地裏というか…

Sp5020057

Sp5020058

日本のお寺っぽく無い、大蓮寺

先ほどの倉吉淀屋の代々の墓がこちらにあるそうです

Sp5020059

かけれるのかどうか何処につながるのかも分からない、だいれん法界門てらほおん

Sp5020063

観光地らしからぬ人の少なさ💧

Sp5020065

お昼も過ぎ、お腹もすいてきたのでランチはここで

Sp5020067

みんなで仲良くから揚げ定食

でもみんなサラダから食べるのね?

Sp5020068

さあ、お腹空いてるのでにこやかにさっさと食べましょう

関連ランキング:からあげ | 倉吉駅

 

さて、次回は驚きの体験報告ですが

投稿するのはいつになるやら(^_^;)

| コメント (2)

2019年5月 4日 (土曜日)

湯原温泉 砂湯

Img_20190502_074952

さて、GWの良き日(5月2日)に久々の麺通団活動(そろそろ麺通団と言うのも憚られますが)に行ってまいりました

 

朝6時出発と本日も強行軍で参ります

 

Img_20190502_084444

途中 勝央SAで朝ご飯に買ったえびめしグ~(250円)

岡山名物のえびめしを使ったコロッケなんですが、そもそものえびめしを食ったことが無いので何とも言い難い(笑)

 

P5020001

快晴のなか陽気な会話をかましつつ、3時間ほど走ってたどり着いた湯原温泉

P5020004

今回向かうのは温泉郷の中にある無料の施設、なんと駐車場も無料です

P5020007

今回ご一緒していただいたメンバー

これぐらいのドライブでは余裕ですね

P5020009 

今回わたしがどうしても行きたかった場所

それがここです

 

温泉は当然好きなんですが

中でも露天

特に開放的な物が好き

 

決して変な性癖は持ち合わせていませんが^^;

 

P5020010

この看板から既に期待大ですが

果たしてどのようなところなのか(笑)

 

P5020012

P5020014

これがその温泉です❗

 

わからない?

中央やや右よりにありますよ

 

P5020015

入っていた人には申し訳ありませんがズーム

少し不安がよぎります(笑)

 

P5020016

設置されてある、入浴心得

事前にネットで見ていたので大体はわかっていたんですが

下流側から入って上流側から出るというのがどの順番かわかりずらい配置で悩む

 

P5020017

湯舟横からの下流側風景

さすがにこの距離からは入浴してる人も多くいたのでお風呂を写せませんでした

 

P5020018

湯舟横からの上流側風景

このロケーション最高じゃないですか?

 

実際に入ってみると写真では伝わらない解放感と美しさで

ここまで遠くなければ四季折々に訪れたいと思うほど良かったです

 

P5020020

露天風呂番付でも西の横綱になっております

 

P5020021

で、ついでと言っては何ですが

あの千と千尋の神隠しの油屋のモデルの一つになったとされる旅館があるので、そちらもサクッと見学

 

P5020022 

ところどころにそれらしい雰囲気が…

 

P5020025

旅館の横にあるお堂

お参りすると目に良いそうですが、温泉に入るのに財布を置いてきたので賽銭が無い!

P5020026

飲むものかどうかも書いてないので悩んだのですが、せめてもと飲んでみましたが…

 

ほぼ無味無臭の白湯でした(笑)

目が良くなればいいなぁ

 

P5020029

温泉とはちっとも関係ないですが岡山にあるカンコーの工場の写真

 

なんで女子は通学服なんでしょうか?

疑問(笑)

 

旅はまだまだ続く…

| コメント (2)

2019年4月28日 (日曜日)

樽見の大ザクラ

P4080201

とある天気の良い月曜日、ふと思い立ち車でお出かけ

 

P4080206

目指すは兵庫県養父市の樽見町

 

P4080208

うちからのキロ数的に割と近いと思い込んでいましたが、なかなか到着しません

 

P4080211

多分生まれて初めて通る道

 

P4080213

結局ナビの言う通り一時間半ぐらいで到着

 

P4080214

P4080215

狭いながらも駐車場まで用意されています、地元の方が案内を含めボランティアでされてるみたい

 

P4080216

のっけからなかなかの登り

 

P4080217

木立の中を登山道が整備されています

 

P4080218

狭いので追い越しは困難 (^^;)

 

P4080219

周りの石垣が気になりつつも、10分ほどで前方の視界が開けてきました

 

P4080220

なんとこの石垣は桑畑開墾のために掘り出したものだそうです

ここまで山を登るだけで大変なのに、畑を作るために大量の石を掘り出すとは凄い

 

P4080221

大ザクラとは関係のない周りの桜

 

P4080222

こちらが本家、下から見たところ

 

P4080223

Img_20190408_121535

Img_20190408_121553

Img_20190408_121558

Img_20190408_121616

一応山を登るということでスニーカーを履いてきましたが、トレッキングシューズにすればよかったと少し後悔

乾いた道でも結構な難度でした

Img_20190408_121637

木としての盛りを過ぎているのでお世辞にも素晴らしいとは言えませんが

この景色と桜の刻んできた歴史に思いをはせ、感慨にふける

Img_20190408_121641

Img_20190408_121646

P4080224

P4080225

Img_20190408_121717

樹齢千年を越え仙桜と呼ばれているそうですが

花の盛りが1688~1704年と記録が残っているのもこれまた凄い💦

 

P4080226

下の県道入り口で案内の方に頂けるチラシ

P4080227

P4080228

P4080229

P4080230

桜のある所からまだ上にも桑畑の名残はまだまだ続きます

 

P4080231

ミツマタの花だよね?

 

実際に見ると思っていたのと印象は変わりましたが、機会があれば一度は見ていただきたい風景です

 

| コメント (0)

2019年4月 6日 (土曜日)

手打ち蕎麦 くげ

Img_20190401_113313

とある日曜日

篠山へ桜を見に出かけたが、まだ少し早くてほとんど咲いていない

まあ、花は咲いていなくても、腹はへるので
事前にあたりを付けておいたこちらのお店へ
 
Img_20190401_111859
 
メインストリートから少し逸れるのでナビが無いと分かりづらい所にあります

Img_20190401_112329

お店の中はこんな感じ

Img_20190401_112323

窓から見える庭は作りこんでいる最中なのでしょうか、まだ作り立て感が…

Img_20190401_113310
 
鴨南蛮、美味しゅうございました
 



関連ランキング:そば(蕎麦) | 篠山市その他


| コメント (0)

2019年2月 5日 (火曜日)

大本節分大祭

二月三日は節分です。
恵方巻きを食べたりイワシを食べたりするのが最近ではもてはやされておりますが、
子どもの頃は家の中と外にバサバサと豆まきしていた記憶しか無いのですが...
 
それはさておき、綾部市民には昔から大本の節分祭という印象も強いと思います。
私は物心ついたころからずっと節分の日には大本に行ってました。(関係ない時もよく境内?で遊んでいましたが、よくよく考えると怒られた記憶が無いのも凄い事のような)
 
今回たまたま日曜だったので、数年ぶりに行ってまいりました。

Img_20190203_205954

綾部ではなじみが深い大本のマーク。 紋?^^;
 
Img_20190203_203716
昔はもう少しだけ多かったと思う露天商、子どもの頃はおもちゃや飴玉を買ってもらいました。
 
Img_20190203_203833
みろく殿正面
 
Img_20190203_204140
みろく殿外観
 
Img_20190203_203935
焚火も昔は火事が起こりそうなぐらい丸太を積み上げ燃やしていたが、すっかりコンパクトに。
 
Img_20190203_204058
達磨の福引
参加しなかったが、今でも特賞は金の達磨がもらえるのかな?
 
Img_20190203_204242
ところどころにかがり火が燃やしてあり良い感じです。
 
Img_20190203_205041
長生殿
何年前にできたのか忘れましたが、白木の綺麗な建物だったけれどずいぶん落ち着いた感じになりました。
 
Img_20190203_205058
今も変わらず頂ける甘酒の接待
 
Img_20190203_205302
子どもの頃はこの麹で作った甘酒が苦手だったのです。
(毎年飲んでましたが(笑))
 
数年前に比べると少し人も増えて賑やかな感じになっておりました。
まあ、私は無宗教なんで関係ないっちゃ関係無いですが、無くなると少し寂しいのでいつまでも続いてほしいなあ。
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月28日 (月曜日)

金刀比羅うどん

 
本日はグルメ情報です
 
 
いつも暇なときは近隣のグルメ情報をネットやグーグルマップでチェックして
行きたいとこにフラグを付けるのが最近のひそかな楽しみ。
 
で、今日はその中の一軒。
 
今回は福井県と言っても舞鶴からほど近い高浜町。
 
 
Img_20190128_122958
ちょうど12時ごろだったこともありますが、結構なにぎわい。
期待が高まる。
 
メニューは色々あったのですが、基本っぽい物を選択。
 
Img_20190128_121714_2  
おろしチキンカツとハムカツのうどんセット(850円)
 
うどんはかけ、ぶっかけ、ざるから選択出来て、温かい冷たいも選択。
並みと大盛も同じ料金です。
 
写真はぶっかけ並み温かいのです。
 
Img_20190128_121717
うどんはつるつるでコシは少し柔らかめ。
 
Img_20190128_121722_2
チキンカツとハムカツも結構な大きさがあります。
 
最近お昼はあまり食べれないので完食できるか心配でしたが、揚げ物が油切れよくさっくりと揚がっており、大根おろしの効果も相まって美味しく最後までいただけました。
 
親子丼とのセットや、カレーうどん美味しそうだったのでまた行きたいですな。
 
しかし、気になるラーメン屋も近くに...(笑)    
 
 

金刀比羅 うどん
ジャンル:うどん
アクセス:JR小浜線若狭和田駅 徒歩7分
住所:〒919-2204 福井県大飯郡高浜町青戸3-1-65(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 小浜×うどん
情報掲載日:2019年1月28日

 
 
Img_20190128_114421
少し時間がかかるので、音楽を鳴らしながらナビもiPadでさせてみたのだが問題が発覚!
 
iPadのWi-FiモデルにはGPSが内蔵されていなくて、Wi-Fiを拾ってはそこそこの位置情報を出してくれるが、案内を一切してくれない。
田舎では良くても街では全く役に立たないだろうな、要検討。(;^_^A
 
グーグルマップはAppleMusicと連動してくれてよい感じなんだけどなぁ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月曜日)

教会カフェレストラン GET ME TO THE CHURCH

Img_20190120_121525

まあ、美味しけりゃ何でもいいのだが。
世の中それだけでは面白みも無いわけで…(笑)
 
 
最近綾部に新しくオープンしたお店に行ってきました。
 

教会カフェレストラン
GET ME TO THE CHURCH

京都府綾部市新宮町 6

 
情報源は飲み屋でっていうのが何とも私らしいのだが
こういううコアな人たちが集まって垣根無く話せるのがDRAMAの良いところ
まあ、そんな前置きは置いといて
 
 
Img_20190120_122047
 
Img_20190120_122106
 
Img_20190120_135818
 
Img_20190120_135830
お店の中の様子ですが、おっさんが一人で来るのには面識が無いと
ちょっと辛いかもね。
 
 
いや、私も前日にシェフと飲み屋で会ってなかったら、ちびって引き返したと思うもん。(笑)
 
 
Img_20190120_123646
ドリンクメニューしか無くてどうするのか悩んでいたら、運ばれてきた今日のメニュー。
 
シェフ 「本日の食材はこれです、何をどれだけ食べますか?」
 
 私  「はいっ?」
 
 
驚きのシステムと価格もわからないこの放置感!
 
 
どうやら寿司は二切れ食べたいとか、ソーセージは一本でとか
シラスのトーストはたっぷり下さいとか、わさび菜 は嫌いだからいらないとか
そういう感じで注文するらしい。(笑)
 
いいよね~、こういう緩い感じ大好きです。


Img_20190120_131649
サワラの棒寿司
 
Img_20190120_131957
シラスのチーズトースト
 
Img_20190120_132136
わさび菜のポタージュ
 
猪肉のソーセージも頂いたけど、がっつきすぎて写真撮るの忘れた。
 
 
Img_20190120_140611
で、お客さんもはけたので掛けていただいたレコードがこれ
 
 
私は全然知らなかったのですが、昔綾部の上林に住んでおられたらしい。
 
色々とこの年になっても勉強させていただけます。
 
 
また、この時頂いた菊のお茶がなまらうまかったんだ!
 
 
 
変なつながりで思いもせず、ゆったりとした優雅な時間を過ごせ
人生の妙を感じた日でした。
 
 
 
Img_20190120_135600
レコードのオートチェンジャー
 
おもしろい!(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土曜日)

オムライス (GoHAN CAFFE PUNTO!)

どこぞでブログ見たのか覚えていないが、見た瞬間から食べたくなって、オムライス食べに行きました。

Img_20170206_130526
オムライスセット

ソフトドリンクもついて確か800円台。
いくらだったか忘れたがコスパは高いほうかな。

 
お味は、デミソースがトロトロ卵にマッチしてこってりうまうまです。
 
 
Img_20170206_125952
店内の雰囲気
 
お昼を少し過ぎてたか?
他にもお客さんは居たけれど、静かで落ち着いた店内です。
 
存在は知っていたけど、行ったことが無いと思う。(笑)
他にもハンバーグやパスタもあり、たまにはこんなのも良いかな。

関連ランキング:カフェ | 綾部駅

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日曜日)

鉄人に遭遇す!

Img_20160816_143442

この角度で撮ると敵を迎え撃つというよりは町を破壊している感じ。
 
お盆休み最終日の16日に息子を寮まで送るついでに長田駅近辺で食事でもしようと降り立つと、このようなものを発見
 
この鉄人の存在は知っていたがよもや今回遭遇することになろうとはつゆ知らず、長田の散策と食事にメインを置いていた。
 
Img_20160816_143352
偶然の感動による記念撮影。(笑)
 
想像をはるかに超える巨大さで、このようなロボを自在に操れる正太郎に羨ましさと、責任の重圧を感じたりして。
 
で、感動もそこそこにお昼を過ぎて腹ペコだったので近くのお店に食事に。
 
Img_20160816_144401
ミックス山積み丼 980円 (税込)
 
最近は小食なのでご飯大盛り無料なのにもかかわらずあえて普通盛りで注文すると、店員さんから「山積み丼はもともと大盛りです。」と言われて、食べきれるか心配してしまいましたが意外と普通サイズ。(笑)
 
Img_20160816_144114
メニュー通りの和牛なのだとしたらぜいたくを言っちゃいけないのかもしれないけれど、山積みのイメージとは...。(^^;)
 
お味は甘辛でがっつける物でしたが、和牛を前面に押すのならもう少し繊細な味でも良いかと思いましたな。
 
Img_20160816_150546
食事の後は 腹ごなしに長田の町を散策
 
震災で再建されたところは新しく綺麗で神戸のイメージでしたが。
 
Img_20160816_150647
少し離れたところの商店街はごらんの通り昭和のテイストが色濃く残っておりました。
 
Img_20160816_150631
偶々なのか、いつもなのか知りませんが閉まっているところも多く昼間でも寂しいです。
 
Img_20160816_150517
時間があればまたゆっくりとノスタルジーに浸りつつ歩いてみたい街並みでした 
おわり

| コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧